スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | | - | - | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その7
ファイナルファンタジー3(FC) その6の続き。

いよいよ最終局面。
例の古代像がある場所まで行き、徒歩で古代像の間を歩く。
この前は瞬殺されたけど、今回は逆に古代像を破壊。
全部破壊してインビンシブルに乗って山を越えて目的地に到着。
クリスタルタワーの周りを古代の民の迷宮が取り囲ってるんで、まずは古代の民の迷宮をぬける必要がある。
入るとすぐにクリスタルルーム発見。
土のクリスタルってまんまザンデの近くにあったんだ。
もちろん敵が待ち構えていて、ザンデ様の命によりお前らを葬り去る!と威勢良くティターンが襲ってきたけど、あっけなく成敗される。
最後のクリスタル、土のクリスタルから力を得て、魔界幻士・魔人・導師にジョブチェンジ可能に。
土のクリスタル曰く、「ザンデはわたしの力を悪用し、世界を暗闇に変えようとしている。わたしの中の力を使い、呼び出そうとしている暗闇の雲を振り払うのだ!」
早速、魔剣士・魔人・魔界幻士・導師にチェンジして態勢を整える。
魔界幻士が呼び出す召喚獣は、白黒に分かれていなく、合体状態で戦闘に参加します。
どの召喚獣も敵に攻撃する事しかしなくなってるんで、ちょっと芸が無いですが基本的に強いです。
そして、導師。
ネコ耳フードですよ奥さん。
FF3での最強の萌えキター!
それは置いといて、クリスタルルームを出て古代の民の迷宮を再度進み始める。
奥まで行き、抜けると一旦外に出られる。
セーブして、目の前にあるクリスタルタワーに突撃。

クリスタルタワーに入って目の前の部屋がエウレカに続く道になってる。
鍵を使って封印を解いていざエウレカへ。
しかし、ここまで来といて回復できる場所が一切無いんで、結構疲労が激しい。
そこでデジョンを使った裏技で、変な宿屋に泊まりにいって回復。
リフレッシュしたら改めてエウレカ攻略。
エクスカリバーとかラグナロクとか定番の最強武器をどんどこ手に入れる。
手に入れる度に固定モンスターと戦う必要があるわけですが。
中でも、くのいちがかわいくて(;´Д`)ハァハァ。
スキュラを倒し、長老の杖と、最強のジョブである忍者と賢者をゲッツ。
奥にはなぜか人がいて、クリスタルシリーズの装備品が買えたり、上位召喚魔法が買えたりと、いろいろ役立つものを手に入れることが出来ます。
どれも高いですが。
テレポがつかえないんで、また歩いて引き返さなきゃいけない。
おかげでレベルは上がったけど。

どんな武器でも使いこなせる忍者×2と、どんな魔法でも使いこなせる賢者×2にジョブチェンジして、装備や手持ちアイテムを整理するため一度インビンシブルまで戻る。
で、また戻ってきて、変な宿屋に泊まって一旦外に出てセーブしたら、今度はクリスタルタワーを攻略。
シルクスの鍵で扉を開けていざ。
とりあえず初回は宝箱回収を目的とし、この先まで行ったらもう戻れないだろうなってとこまで行ったらまた引き返す。
んで、変な宿屋、セーブ、再挑戦。
一往復したというのに各種ドラゴンに会えなかったと思っていたら一回だけ会えた。
レッドドラゴンだったんだけど、倒してもオニオンシリーズは落としてくれず、エリクサーゲッツ。
もしオニオンシリーズだったら一旦引き返してセーブしなきゃだったんで、よかったのかよくなかったのか。
とある部屋に入るといきなりBGMが消えます。
竜の像が5体あるし、中央には怪しげな鏡があるし。
あからさますぎて恥ずかしいです。
怪しくても調べなくてはストーリーが進みませんので鏡をチェック。
するとどこからともなく声が。
「ハハハッ、かかったな!その鏡に姿を映した者は5匹の魔竜の呪いにかかり動けなくなるのだ!魔竜の餌食になれ!」
って誰?ザンデ?
主人公達は動けないままピンチを迎えるわけですが、ドーガが現れ魔竜に対抗できる5つの光の心を探してくるからそれまで耐えろと言い残し、探しに出掛けます。
画面が切り替わり…。
最初に選ばれたのは、おきゃんサラ姫。
次に選ばれたのは、ばあさんラブのシド。
そして次は、ディッシュ。ちゃんと生きてたね。
さて次は、まだ10歳アルス王子。じゃなくて王。
最後はなんと、勘違いじいさんのリーダーじいさん。リーダーとかいたの!?
ドーガにより魔竜のいる場所まで連れてこられ、それぞれ魔竜に対抗し始めます。
あんたらでホントに対抗できるの!?
まあ、後はまかせてザンデの元へ。
ザンデと初対面です。
なぜか執拗にライブラを使って主人公達を覗き見してきます。
そんなに見たって何も変わらんちゅうに。
そしておもむろにメテオ。
これはキツイんで、早めに対処。
ぶっちゃけ気をつけるのはメテオだけ。
倒すと「私を倒しても無駄だ。既に暗闇の雲はやってきた」と言い残し成仏。
その言葉の通り、なにやら怪しげなものが出てきました。
「私は全てを無に帰すためにやってきた暗闇の雲」と自己紹介を終えると早速戦闘開始。
こちらの攻撃は一切当たりません。
とりあえず全滅すると、魔竜をどうにかしたらしい5人が主人公達に駆け寄ってきます。
あんたたち見かけによらずすごいんだね。
ドーガとウネが現れ2人の魂を主人公達に与えるといい、主人公達復活。
ザンデにより光が弱まり、闇が強まって暗闇の雲を作り出し、そいつにザンデが操られていたとか。
結局操られてたんですかい。
闇の世界に行って暗闇の雲をなんとかして世界のバランスを取り戻せと伝え、魂までもを無くした2人は、大きな魂と一つになる、もう助けてあげられないよと言い残し消え去る。
これでマジ死にです。
以外に強い5人と別れを惜しんで、目の前にちょうどよく闇の世界に行けそうな光があるんでそれに飛び込んでワープ。

闇の世界に到着。
光の世界は大きいのに闇の世界は小さすぎだろ。
ダンジョン1つ分だし。
こんな狭いとこで闇の4戦士が暮らしてると思うと泣けてきます。
正面の階段を進むと暗闇の雲と会えるけど、闇の4戦士の力を借りなければ倒せないんで、先に四方の道を進む。
各ルートには宝箱が一つづつあり、中身は全てリボンなんですけど、固定モンスターのザンデクローンと戦闘になります。
ザンデのクローンだけあって、メテオ使ってきます。
2ターン連続でメテオやられた時は死ぬかと思ったけど、なんとか切り抜けられた。
北西から先に向かい、奥まで行き風のダーククリスタルルームに到着。
待ち構えていたケルベロスと対決。
特にこれといって強いわけでもなくあっさり退治。
退治するとクリスタルの中から、大昔に光の氾濫を防いだ闇の4戦士のうちの一人が出現。
闇の氾濫を食い止めるため協力してくれるとの事。
「光の世界と闇の世界が一つに交じり合うとき、何も無い無の世界が生まれる。今、光の力が失われ、闇の氾濫が起き闇が押し寄せてきている。それを止められるのは光の4戦士、お前達しかいない」と言い残すと、一足先に暗闇の雲の元へ向かって行った。

次に南西のルートへ向かい、水のダーククリスタルルームへ。
待ち構えているのはエキドナ。
クエイクやメテオといった全体攻撃魔法を使ってくるんで気が抜けません。
倒すとクリスタルの中から別の闇の戦士が登場。
こちらも協力してくれるとの事。
「光か闇の力が大きくなった時、全てを無に帰すため暗闇の雲が生まれる。それを消す事が出来るのは光と闇の希望だ。」と言い残すと、一足先に向かって行く。

次は南東の土のダーククリスタルの元へ。
待ってるのはアーリマン。
とにかくクエイクやらメテオやら炎やらと、全体魔法ガンガンに使ってくるんで回復が追い付かない。
それでも攻撃の手を休めずにいればHPがすごく多いわけでもないんですぐ倒れてくれます。
やっぱりクリスタルから闇の4戦士の一人が出てくる。
「闇の氾濫はお前達の世界を闇に変えるだけではない。光と闇の2つの世界が消し去られるのだ。全ては無に帰ってしまう…。しかし、お前達と私達が力を合わせればまだ間に合うかもしれない!」
と言い残すと、いそいそと一足先に向う。

最後に北東の火のダーククリスタルへ。
ショートカット便利。
ここで待ち受けるのは2ヘッドドラゴン。
こいつが一番厄介なんじゃないだろうか。
他の3匹とは違ってパワータイプです。
ありえないくらい攻撃力が強い。
前列にいると7000とか食らっちゃう、後列にいても4000も食らっちゃう。
プロテスかけてがんばって叩くけど前列の人は大抵一撃死。
アレイズかけまくってなんとか成敗。
クリスタルから最後の闇の戦士が登場。
「世界は無から始まり無に帰す。だがそれを拒む希望という名のエネルギーがある。世界はあるところでまた無に帰るのかもしれない…。だが光の世界にも闇の世界にもそれを拒む希望や愛が残っている。それが残っている限り無に帰るのは早いのだ。」
と言い残すと、暗闇の雲の元へ向かう。
と、ここまで闇の4戦士の会話からFF3の世界の成り立ちがわかります。
さて、闇の4戦士の協力を得られる事になったんで、改めて暗闇の雲を退治しに。

ゲームプレイ日記 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
スポンサーサイト

- | 23:45 | - | - | ↑TOP | BlogRanking
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sinsara.jugem.jp/trackback/128
トラックバック
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最近の記事
カテゴリ
月別
リンク
gumonji ブログランキング このブログを評価する
プロフィール
カウンター
このブログ内を検索