スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | | - | - | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その5
ファイナルファンタジー3(FC) その4の続き。

ノーチラスってば高速エンジン積んでるだけあって超速い。
笑いが出るほど速い。
ダルグ大陸に侵入すると、飛空挺で移動中でもモンスターに会うからめんどい。
ドーガの館に到着し入ると、いきなり怪しい侵入者扱いされます。
確かに怪しい侵入者なんですが。
「物どもかかれ!」とドーガが怒号すると、「ニャーー!」と叫びながら白い生き物が飛びかかってきます。
ネコたんカワイス(;´Д`)ハァハァと思ってよく見てみると、ネコじゃなくモーグリだよそれ!
驚愕の事実なわけですが、初登場時モーグリは「ニャー」と鳴く仕様。
「〜クポ」っていう語尾は微塵の欠片もありゃしません。
モーグリってネコなのか??
モーグリ達にボコボコにされる前に、ドーガは主人公達が光の戦士だという事に気付いてくれます。
いろいろと話を聞くと、ノアはドーガに魔力を、ウネに夢の世界を、ザンデに人間としての命を分け与えたそうで、ザンデは自分がもらったものが気にくわなかったらしく、憤慨して一人でどっかに去って行ったという、お前何歳だよと言いたくなるような振る舞いをした後、土のクリスタルと古代の機械を使って大地震を起こし、他のクリスタルを封印して闇の力を増大させて世界を闇一色にしようとしているらしい。
ドーガはザンデに対抗するために、強力過ぎて封印された武器が眠るエウレカへの鍵を手に入れようとしているが、ドーガは病気を患っているらしく一人では無理との事なんで、その鍵がある異次元へ通じる魔方陣まで連れて行ってくれと仲間になる。
ちなみにゴールドルにより壊されたクリスタルは、金を生み出すためにドーガが自作したクリスタルだから壊されても問題無しだと。
そんな火種になるようなものを作り出すなんて、あんたって人は!
お願いですから僕らのためにもう一個作ってくれませんか?
異次元への魔方陣がある魔方陣の洞窟へは小人にならないと行けないらしいから、黒魔導師・黒魔導師・黒魔導師・白魔導師にジョブチェンジ。

小人になって魔方陣の洞窟に入り、魔法でちまちま攻撃しつつ魔方陣がある場所へ進む。
無事魔方陣まで到着すると、ドーガは眠り続けているウネを起こせと言う。
ウネを起こすには、夢の世界まで響くノアのリュートを使えとの事。
ノアのリュートはウネの祠の南端の海底にある、時の神殿にあるらしい。
ドーガの魔力によりノーチラスを海底に行けるようにしてくれた。
ひとしきりやり終えると、エウレカの鍵を入手すべく魔方陣を使い異次元へと旅立って行った。

ドーガのおかげで海底にも行けるようになっちゃったんで、早速海底探検。
海底ではモンスターが襲ってくるんでいちいち戦うのがうざい。
小人になってる必要がないんで、風水士・竜騎士・吟遊詩人・幻術師にジョブチェンジ。
風水士は戦ってる地形によって地形攻撃内容が変わるんだけど、場所によっては使えたり使えなかったりするから不便。
しかも失敗するとダメージ食らうし。
幻術師が呼び出す召喚獣は白と黒があり、どちらが出るかはランダム。
幻術師の上位ジョブである魔界幻士は、幻術師が呼び出す召喚獣よりも強力な召喚獣を呼び出す事が出来るとの事ですが、個人的には幻術師は結構役立つです。
幻術師の呼ぶ召喚獣は、1体につき2種類の攻撃方法があるんで、ものによってはかなり使える。
よくお世話になるのは、アイスンの白シヴァ。
敵全体を眠らせてくれるから役立つ。
あとは、スパルクの白ラムウ。
敵全体をマヒらせてくれるから白シヴァより役立つ。
最後にツボったのは、エスケプの黒チョコボ。
チョコボキターーーー、チョコボキーーックっと思ってたら、逆に敵にボコボコにされてそのまま帰ってく。
ええーーっ!チョコボ弱っ!っていうかかわいそうだなおい。

サロニア城でうろついてた時、元は地下道で繋がっていたけど今は繋がってないからいけない場所にあきらかに怪しい人物がいるんで、そいつに会いに海底からサロニアの地下迷路へ。
適当に宝箱を回収して、怪しい人物に接触。
この方、オーディンでした。
自分の大きな力を他人に利用される事を恐れ、自らを封印したみたいです。
とにかく戦う。
オーディンといえば斬鉄剣。
といっても一撃必殺の効果は無く、全体攻撃だけなんでそんなに苦労は無いです。
倒すと力になってくれます。
これでカタストをゲット。
で、カタストの白オーディンがかなりつかえる。
味方全員にリフレクをかけてくれるんで、魔法を使ってくる敵に対してかなり有効。
しかもFF3のリフレクって、回復魔法は反射しないから超便利。

誰かから、三角の形をした島の海底にお宝がザックザクという情報をゲッツしたんで、ゴールドルの館の東にあるその島の海底にある海底洞窟へ。
確かにいろんな宝がありますわ。
宝を開けると出てくるモンスターのデスクローは、物理攻撃で攻撃する際に一撃死できないと分裂して増えるんで注意。

ゴールドルの館の西にある、ダルグ大陸内にある山に囲まれた村があるんで行ってみる。
山に囲まれて行けないんで、海底から進入する。
そこはドーガの村といい、ドーガが蘇らせた古代の魔法を販売している。
初級魔法から高度な魔法まで売ってるんで一通り買って揃えておく。
こんな不便すぎる場所にあったんじゃ誰も訪れないでしょうが。
それなのに商売とは、よくわからんです。

さてさて、他に何かないかなと海底をうろついてたらなんじゃこりゃきもっ。
これはあれですか、サンゴ礁ですか。
モコモコしてて個人的に非常に恐ろしい感情を惹き起こされます。
画面いっぱいに映し出されたモコモコ。
全身の毛が逆立ちました。
え、皆さんは別に何も感じない?
サロニアの北東あたりにあるんで見てみて下さいよ。

他に何もないんで、時の神殿に突撃。
鍵のかかった扉ばかりなんで、魔法の鍵かシーフが必要。
かなり前に浮遊大陸のギザールで魔法の鍵を大量購入してたんで手間取らずにすんだ。
サクサク進めてノアのリュートをゲッツ。
ボスとかいないんですぐ完了。

ウネの祠に行きウネを起こしに行く。
オウム曰く、そのリュートならウネも起きるかもと、ワクテカ。
というか、ウネってかなり長い時間眠ってるんだよね。
オウムは何歳なんだ?
リュートを奏でると早速起きるウネ。
起きて早々、オウムを従えて体操開始。
FF3に出てくる老人達はかなり元気が良いようで。
夢の中でドーガに会い、事情は知ってるらしい。
ザンデのいる場所へ行くには、アムルの北にあるあの古代像をなんとかしなきゃいけないんで、古代像を破壊できる水のキバ・風のキバ・炎のキバ・土のキバが必要との事。
ここで各種キバの存在理由が明らかに。
水のキバ・風のキバは既に持ってて、炎のキバを今ウネがくれて、残りの土のキバはアムルの北東にある山に囲まれた暗黒の洞窟にあるという。
山を越えるにはノーチラスでは無理だから、古代遺跡にあるという巨大戦艦インビンシブルを手に入れる必要があるらしい。
そこまでの案内をしてくれるようで、ウネが仲間になる。
インビンシブルを手に入れるため、古代遺跡へレッツらゴー。

ゲームプレイ日記 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
スポンサーサイト

- | 18:04 | - | - | ↑TOP | BlogRanking
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sinsara.jugem.jp/trackback/126
トラックバック
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最近の記事
カテゴリ
月別
リンク
gumonji ブログランキング このブログを評価する
プロフィール
カウンター
このブログ内を検索