スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | | - | - | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー12 その2
ファイナルファンタジー12 その1の続き。

今回この作品は「ファイナルファンタジー12」という名前にしなくてもよかったんじゃないのかな。
もしくは「ファイナルファンタジー」の他に「タクティクス」とか「オウガ」とか入れとけばよかったのではないのかと。
今までのファイナルファンタジーシリーズは、お話的にいうとすべて一話ものだったけど(10と10−2と11は除く)、今回はイヴァリースという世界のお話の続き物なわけだし。
イヴァリースだったらタクティクスなわけで。
それとも、一話完結にするのをやめたんかな。

モルボルが意外とカワイイ。
人間より小さいんですよ。
シリーズを増すごとに、超デカくなっていって超キモ怖かったのに。
イメチェン成功した模様。
歩き方とかマジかわいい。
バレリーナみたく足をまっすぐに立てて、顔を真上に向けてチョコチョコ歩くんですよ。
息は臭いけど、憎めない敵になりますた。

今までのシリーズは特に意識しなくてもお金が貯まりやすかったんで、お金で苦労した覚えはあまりないんですが、今回は違います。
いつでも金欠に悩まされます。
意識してお金を集めないと、まったく集まりません。
装備をちゃんと整えないと結構死ねるんで、お金の重要度が比較的高いです。

今回は惚れた晴れた話が無いんで、その辺を期待してる人は残念無念。
今までのシリーズでは恋愛要素が当たり前のようにたっぷり盛り込んであったんで、今作は異色かもわからんですね。
プレイしているとなんとなく、帝国vs反乱軍だったFF2を思い出します。
あれも戦争ものだったし、主人公が戦争孤児っぽかったしな。

主人公が歳相応な設定で、無理にヒーロー設定じゃなくて等身大の17歳という感じがして、個人的に好感触。
むしろ今までの主人公が普通設定じゃなかったんで、新鮮。
ストーリー的に主人公を焦点としていなく、世界全体を焦点としているので、主人公の影の薄さが際立ちます。
むしろこのストーリーでは、主人公という存在はあまり重要じゃない。
あくまでも主人公はストーリーの一齣。

アクセス解析を眺めていると、「アーシェ パンチラ 見方」というような単語で検索して来られる方々がポツポツといます。
すみませんね、パンチラの見方が載ってなくて。

ゲーム | 03:05 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP | BlogRanking
スポンサーサイト

- | 03:05 | - | - | ↑TOP | BlogRanking
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sinsara.jugem.jp/trackback/114
トラックバック
FFT獅子戦争 キャラクター能力攻略
キャラクターの能力HP/MP 本作には防御力の数値が無いため、HPは数値そのものがキャラの防御力を表している。ジョブによって大きく変化し、装備品によって上昇する割合が大きい。 AT 攻撃力。物理ATと魔法ATがある。ジョブによって大きく変化する。 EV 回避率。C-EV、S-
| FFT(ファイナルファンタジータクティクス)獅子戦争 総合データ&攻略 | 2007/06/01 1:22 AM |
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最近の記事
カテゴリ
月別
リンク
gumonji ブログランキング このブログを評価する
プロフィール
カウンター
このブログ内を検索