スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | | - | - | ↑TOP | BlogRanking
ダンジョンマスター
このゲームはたしか、学生時代に友達からかりてプレイしたゲームなんですけど、最近無性にやりたくなったから中古ゲーム屋で300円位で購入してきてプレイしてみた。

ダンジョンマスター

元はパソコンゲームで1987年位に作られたものらしいです。
後にスーパーファミコンに移植されましたと。

相当古いゲームなんで、若い人がプレイしたらなんじゃこりゃと思うかもしれないですね。
スーファミなのに、ファミコン並みの画像。
って、パソコンのものをそのまま移植したものなんで仕方ないのか。

すごい事をしようとしたけど失敗しちゃって、悪と善に分裂しちゃった大魔法使いを元に戻すため、ダンジョンの地下に陣取ってる悪の方の大魔法使いを懲らしめに行くとかいう内容。

リアルタイム3Dダンジョンゲームです。
その名の通り、リアルタイムで時間が経ちます。
ダンジョンを歩いてる時も、休憩してる時も、装備を変更してる時も、敵と戦ってる時も、ご飯食べてる時も。

だから、戦闘中にHPが少なくなってくる→回復アイテムを使うためにメニュー開く→アイテム選択してる間にどんどんHP削られる→アヒャーやべ、死ぬ、間に合わん→アボーン

さらに、HPがあまり無いから敵がいなさそうな場所で休憩→画面真っ暗で休憩中→急に敵に襲われる→アヒャー あたふた→アボーン

フィールドとか無いです。
3Dダンジョンオンリー。
女神転生1のような感じ。
ポートピア連続殺人事件の、屋敷の地下の迷路のような感じ。

歩いた道を地図にしてくれるオートマッピング機能がないので、自分で地図を描いて覚えなきゃいけません。
でも、描かなきゃいけないほど広いわけじゃないのでたぶん大丈夫。
実際描かなかったし。

腹減りシステムがあるんで、水と食べ物を摂取しないと死にます。
水はダンジョン内のいたるところにあるんで、それを入れ物に入れて持ち歩きます。
食べ物は、宝箱にあったり敵を倒してそいつの肉を食べたり。

重量システムもあるんで、キャラが持てるアイテムの数が制限されます。
キャラクターごとに持てる重さの上限は決まっていて、レベルが上がると上限が増えていきます。
重い装備品を装備すると、一気に持てるアイテムが少なくなる。
そして、重量を超えると動きがすごく鈍くなる。
鈍すぎて、こちらが1回攻撃する間に敵に何回もボコボコにされるので注意。
移動も鈍いから、敵に背を向けて逃げるとあまりにも遅くて敵に追いつかれて、後ろからボコボコにされるからこれも注意。

移動中→戦闘になった時、戦闘画面に切り替わるのが普通?なんでしょうが、切り替え無しです。
移動しながら戦うっていう感じです。
だから、移動中に敵の足跡が聞こえると、うわっ、近くに敵がいるよ。どこだよどこ。うわーいたーー!っていうかもう攻撃してきたーー!
まあ、これはネットゲームのMMORPGの戦闘に近いですね。

物を投げて攻撃出来ます。
いろんな物を投げれます。
というか全ての物が投げれます。
上着を投げて敵に攻撃出来ます。
靴も投げれます。
あと、味方キャラの亡骸とか。
攻撃力弱いけど、続けれてば敵も昇天。

普通にRPGなんですけど、なんだか住みゲーなんですよ。
食事も出来るし、寝ることも出来るし。
プレイし終わっても、またダンジョンで生活してみるか、と、再びプレイしたくなるんです。

なんかここでwindows版がダウンロード出来るんで、興味のある人はどうぞ。
java版はこちら。これならMacでも出来るかな。

ゲーム | 04:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
スポンサーサイト

- | 04:33 | - | - | ↑TOP | BlogRanking
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sinsara.jugem.jp/trackback/112
トラックバック
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最近の記事
カテゴリ
月別
リンク
gumonji ブログランキング このブログを評価する
プロフィール
カウンター
このブログ内を検索