スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | | - | - | ↑TOP | BlogRanking
DESIRE
EVE burst errorとシナリオ担当者が一緒だったから、これは面白いかもと思いゲームショップでセガサターン版を500円で購入してやってみた。

デザイアのパッケージ

シナリオ担当者は菅野ひろゆきという人で、この人の作るシナリオはファンの間では好評らしい。
システム的にEVE burst errorの元となったゲームで、異なる視点で他方向から物語を見ていくマルチサイトというシステムを取り入れている。後にEVE burst errorでザッピングシステムとしてバージョンアップするわけですが。

やっぱりこのゲームも元はパソコンのエロゲーで、家庭用ゲームに移植するにあたりエロ要素は排除されていますけど、上手くすりかえられていなくてあまりにも不自然な部分が目立ってたんで、最初は「なんだこりゃ」と思っていたけど事情を知って納得。

PC98・SS・WIN・PS2それぞれのハードで販売されてますけど、WINとPS2版では追加シナリオ、いわゆるハッピーエンドがあるらしいです。
悠久の螺旋から脱出してアルと一緒に暮らすとかなんとか。
今回セガサターン版をクリアしてみて「結局螺旋から抜け出せないまま終わりかよ!」と唖然としたわけですが、ユーザーから同じような苦情等がきて追加したとかなんとか。

アル編・マコト編・マルチナ編があり、それぞれのキャラの視点で物語を進める事になります。
ぶっちゃけマコト編はいらなかったんじゃないかと思う。
元となるPC98版ではエロ編として大活躍してたみたいだけど、それ以降のハードでは移植のためエロが削除されているんで、無意味なシーンばかりになってしまっているようだ。

マルチナの話し方や声の感じがとっても良かったんで、声優が誰なのか見てみたら銀河鉄道999のメーテルの声の人らしいですね。
まあ、銀河鉄道999見た事ないからメーテルの事はよく知らんけど。

EVE burst errorと比べると結構短く、サクッと終えれます。
シナリオ的には意外性が大きくて楽しめたけど、最後まで不明瞭な点が多くてすっきりしない。
そこはユーザーが勝手に妄想して下さいって事なのかもしれないけど、個人的にはハッキリして欲しかった。
例えば、螺旋に突入する前のマルチナはどこから来たのか、反応装置は結局どういう装置だったのか、とか。

ゲーム | 14:55 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
スポンサーサイト

- | 14:55 | - | - | ↑TOP | BlogRanking
最後のマルチナ編をやるまでは少しわかりにくいと感じるけど、悠久の螺旋の意味がわかったときは感動しました。
結局ループするんかい!という歯がゆさを覚えたのもプレイした皆が経験してるんですね
| あ | 2005/12/19 11:54 PM |
マルチナ編をプレイして、すべてがわかった時の驚きは大きかったですね。
追加されたハッピーエンドはぜひ見てみたいんですけど、これはファンの間で賛否両論のようです。
| sinsara | 2005/12/26 2:42 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sinsara.jugem.jp/trackback/110
トラックバック
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最近の記事
カテゴリ
月別
リンク
gumonji ブログランキング このブログを評価する
プロフィール
カウンター
このブログ内を検索