スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | | - | - | ↑TOP | BlogRanking
逆転裁判
ゲームショウで逆転裁判のイベントを見てから、急に懐かしくなって無性にやりたくなったからやってみた。

逆転裁判
ベストプライス版で安かったんだけどbest priseマークが入るからダサいな

同僚がおすすめという事で、かりてやってみた事がきっかけ(同僚GJ!)
その後、自分の元に置いときたくて購入。
ジャンル的にはアドベンチャーになるのかな?

システム的には難しい事をやっているわけでもなく、珍しい事をやっているわけでもなく、でもとても面白いと思えるのは、ただ単純にストーリーとキャラが良いからだと思う。
逆にいえば、ストーリーとキャラが気に入らなければ、まったく面白くもなんともないゲームになってしまう。
テキストを読むのが好きな方はきっと気に入るのではないでしょうか。
アドベンチャーなんで一回遊んでしまえばそれっきり。
どう攻略すればよいか解ってしまっているんで、再びプレイする事はめったにないです。
が、自分は忘れっぽくストーリーも攻略も忘れきっていたので、再びとても楽しみました。
一度遊びだすと次が気になってしまって、ぶっ続けで何時間も遊んでしまう。

出てくるキャラ達が濃すぎるんで、忘れっぽくても結構印象に残る。
こんだけキャラ作りがされているゲームをするのも久しぶり。
話す内容や行動を見ているだけで結構楽しめます。

千尋さん死ぬの早いよ。
でも霊媒ですぐに会えちゃうんで問題ないんですけど。
キャラの描き分けすごい。
さすがカプコン。

ゲーム | 23:35 | comments(9) | trackbacks(138) | ↑TOP | BlogRanking
東京ゲームショウ2006
今年もゲームショウへ行って参りました。

ゲームショウ2006入り口

9月22日(金)、23日(土)、24日(日)の3日間開催で、23日に行ってきた。
土曜日は働いている人がいるだろうから日曜日に比べると人が少ないのではないかと思い土曜日に行ってきたんだけど、その土曜日が秋分の日で祝日だという事をすっかり忘れていた。
結果、23日(土)の来場者数は84,823人、24日(日)の来場者数は67,943人と、土曜日の方が来場者数が多くなってた。
祝日だって事もあったんだろうけど、次は日曜日に行こうかな…。

とりあえず今回の個人的狙い目はカプコンだったんで、真っ直ぐカプコンへ。
その間コスプレゾーンを通ったんだけど、外人の記者が来ていて撮影をしていた。

外人さん記者

記者以外にも普通のお客さんとして、外人さんが多かったように思える。
前回はこんなにいなかったような気がするんだけど。

またその間、元気ブースに人だかりができてたから覗いてみると、はなわがベース持って歌っていた。

はなわオンステージ

はなわの弟も元気ブースに顔を出したりしていたらしい。
芸能人を生で見るのも久しぶりなので、歌い終わるまで観察。

カプコンブースに着いたんで、デビルメイクライ4の試遊をするぞと列に並んでみると、2時間30分待ちとかいってマジですかい。

デビルメイクライ4待ち

でもやりたいからしょうがなく並んでみた。
隣にコナミブースがあり、ちょうどメタルギアソリッドの新作についてのイベントがやってて、小島監督と大塚明夫の対談が見れたんでなんとか待ち時間をやり過ごせた。
しかし待ち時間のせいで、15時から始まるデビルメイクライ4のイベントを見る事が出来なかった。
しかもカプコンで配布されてるDVDがもう無くなってて貰えなかった。
もっと計画的に行動しとくんだった。

デビルメイクライ4の主人公はダンテじゃなくネロとかいう若者。
一見、ダンテと同じ銀髪・髪型なんでどちらがダンテでどちらがネロ?となるが、老けてる方がダンテで若い方がネロ。
毎回思うんだけど、ダンテってシリーズごとに顔が変わりすぎじゃないか?
グラフィックは文句なしに綺麗だった。
とくに背景が異常に綺麗。
敵から攻撃を受けるときのモーションが地味すぎて、どのタイミングで攻撃を受けてるのかわかりずらいから、攻撃を避けずらかった。
ネロの右手が伸びて敵を捕まえて自分の方へ引っ張ってこれるのは、コンボにバリエーションが出来て面白そう。
まだまだ開発途中だとの事で、今後どう化けるか楽しみです。

デビルメイクライ4の試遊が終わったら、ちょうどカプコンブースで逆転裁判4のイベントが始まるんで見てみた。
今までのシリーズを成歩堂くんと真宵ちゃんが振り返っていく内容。
声付きでそれぞれ解説してゆくんだけど、初めて二人の声を聞いてイメージにピッタリで驚いた。
最後に逆転裁判4の紹介があったけど、特に目新しい情報もなかったような。
その後に逆転裁判4の試遊をしようと行ってみると、もう試遊は終了していて出来なかった(涙)
気付けばもう17時近くて終わりが近づいていた。

終わりになると、どこのブースでもコンパニオンさん達が横に並んで写真撮影サービスを行っていた。
今回はソニーブースのコンパニオンさんがすごかった。

コンパニオンさん達

どんだけいるんだよ。

あれ、結局カプコンしかまともに見れてないような…。
コナミブースとか行きたかったんだけど、試遊の待ち時間がもっと短ければ行けたかなぁ。
そういえばPS3少し安くなったけどそれでも5万円だもんなー。
とにかく発売しても様子見かなぁ。
人柱待って要検討か。

後で気付いたんだけど、聖剣伝説 HEROES of MANAの音楽を下村陽子が担当だそうで、見に行けばよかった…。
見た感じあまり面白そうじゃなかったんでスルーしたのがいけなかった。

ゲーム | 18:06 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP | BlogRanking
ときめきメモリアル 〜forever with you〜
ずっと前から気になってていつかやってやろうと思っていたところ、HARD OFFで100円で売ってたから即ゲットして遊んでみた。

ときめきメモリアル
コナミもこんなに人気が出るとは思わなかったんだろうな

家庭用ゲーム機での男性向け恋愛シミュレーションというジャンルを確立した偉大なるゲーム。
発売当時はかなりのときメモブームだったらしく、EVAブームに負けないくらい盛り上がってたらしいです。
初めはPCエンジンで発売されたようですが、本体を持ってないからその後に移植されたPS版でプレイ。

主人公(男)は「きらめき高校」というこっぱずかしい名前の高校に入学し、その学校で出会う女の子達と一緒に学生生活を過ごし、最終的に高校の敷地内にある「伝説の木」の下で女の子に告白される事が目的。
「伝説の木」の下で女の子からの告白で成立したカップルは、生涯幸せになるという伝説があるんで、自分(男)から告白する事ができない。
あくまでも受身なんで新鮮だったりするんだけど、自分からも告白してみたいな。

システム的には、勉強したり運動したりクラブ活動をしたりと自分の能力を上げつつ、女の子達とデートしたりご機嫌とったりして仲良くして、高校卒業時に一番仲が良かった女の子から告白されると。
自分の能力がある程度上がっていないと女の子から告白されなかったり、女の子自体出現しなかったりする。
ヒロインの藤崎詩織は幼馴染なんで最初からいるんだけどね。

女の子を定期的にデートに誘ってあげないとヘソをまげてゲームに支障が出てくるんで、こまめにデートをしなければならない。
しかも特定の女の子ばかりデートに誘ってると、他の女の子がヘソをまげはじめるんで、ローテーションを組んで計画的にデートをしなくてはならない。
してあげなくてはならない、だなんて、どんだけプレイボーイなんだよ主人公。

とりあえず初めはヒロインである詩織を狙ってみるかとやる気満々だったが、その時はまだ知らなかった。
一番攻略が難しいのが詩織だったなんて。
高校生活終了に近づき、卒業式を終え、伝説の木の下まで来るよう差出人不明の手紙をもらい、詩織がいますようにと祈りつつ伝説の木の元へ。
そこで待っていた女の子は、変な髪形が特徴の館林見晴だった。
やけにぶつかってきたり、間違い電話してきたりした、よくわからん女の子。
っていうか、誰ですか。
一度もデートとかしたことないんスけど。
あれよあれよという間に主人公もOKを出し、二人は晴れてカップルになったとさ。
って勝手にOKすんなよ。
詩織はどうしたよ。

後で調べてわかったんだけど、館林さんは隠しキャラだそうで。
どうりで他の女の子みたいにデートとか出来なかったわけだ。
そして、詩織を狙うなら全ステータスを高い値にキープしておかなきゃいけないとか。
難しそうなので詩織は後回しにして、他の女の子を狙う事にした。

それにしても、高校に入学してから知り合った親友の好雄はイイ奴です。
女の子好きで軽い奴だけど、何かと情報をくれたりとにかく役に立つ。
ある条件を満たせばなんと好雄に彼女が出来るんで、なるべく彼女を作ってあげる方向で。
主人公ばかりウハウハでもかわいそうなんで。

個人的には紐尾閣下がお気に入り。
閣下と呼ぶに相応しいお方です。

ゲーム | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その8
ファイナルファンタジー3(FC) その7の続き。

エウレカでリボンを取っていれば、闇の世界で取れる4つのリボン全部取る必要ないんで一回分だけザンデクローンをスルーできる。
っていうか別にリボンなんか取らなくてもいいんだけどね。
どうせセーブできないし。

暗闇の雲の元へ到着。
戦う前にエリクサーで皆を全回復しとく。
「ファファファ、わしは暗闇の雲!」
えー、ビジュアル敵に女性なのに「わし」ですか。
「ここは闇の世界。光の力だけでは、わしは倒せん。」
ここで闇の4戦士登場。
「光の4戦士だけではないぞ!お前の闇の力は我々が抑える!」
「なに!?そんなことをすればお前達は消えてしまうぞ!」
えーー、そうだったの?すみませんね、闇の4戦士達。
暗闇の雲に突撃していき、消滅する闇の4戦士。
「えーい こざかしい!!闇のクリスタルの力は失ったが、そんなものはもういらない!」
闇の4戦士消滅=クリスタルの力消滅 っていう設定だったの?
「お前達を倒し、今度はその光の力でこの世を無の世界に変えてやる!」
倒しちゃったらクリスタルの力は消滅するんじゃなかったのか。
まあ、戦闘開始。
暗闇の雲は「波動砲」という戦艦ヤマトか?と思わせる様な衝撃波でしか攻撃してきません。
毎ターンバカの一つ覚えのように波動砲しか使ってこないけど、全体攻撃で2000位のダメージを与えてくるんで、回復を怠ってるとすぐに死にます。
アレイズは賢者二人に覚えさせておいたけど、ケアル系の魔法は一人しか覚えてなかったんで、回復が追いつかなくてバッタバッタ死んでゆく主人公達。
もうね、回復追いつかないからダメージ受けても回復させないで、死んだら即アレイズってやりながらちまちま叩いてたら勝ちました。

エンディングスタート。
画面が宇宙に切り替わり、文字が流れてきて希望がどうたらこうたらと説教が続く。
終わるとまた画面が切り替わり、どうやって戻ってきたのか不明だけどクリスタルタワーに主人公達が戻ってきて、意外に強かったらしい5人に迎え入れられる。
あんたらずっとここで待ってたの!?
インビンシブルに乗り、この5人を送りに行く。
最初はリーダーじいさんから。
アムルに着くと他のじいさん達と合流するリーダーじいさん。
「困った事があったら、この4人のじいさん勇者にまかせときー!」
どうやらまだ勇者気取りのようです。
次はアルス王。
サロニアに着くと早速玉座に座り始める。
「あなた方に教わった勇気を忘れずに、私もがんばります!」
10歳の言葉とは思えん。
ここでインビンシブルからノーチラスに乗り換え。
で、ノーチラスの中の様子が初めて見れる。
結構というかかなり狭い。
お次はシド。
と思ってたら、なぜかディッシュも名乗り出る。
ディッシュ「なーに、ちょっと野暮用さ。‥‥‥‥サリーナだよ。」
主人公「なーんだ、あの娘に会いに行くのか!」
ディッシュ「よせよ‥‥照れるぜ。」
主人公「ヒュー ヒュー!!」
ヒューヒューって。
ディッシュが竜の山に行ってしまって心配しまくってた女性ってサリーナというのか。
今知った。
カナーンに着くとシドのばあさんが迎えに来て、サリーナも迎えに来る。
ディッシュとサリーナがラブラブし始めると、それに負けじとシドとばあさんまでラブラブし始める。
居心地の悪い主人公達であった。
最後はサラ姫。
主「サラ姫、サスーン城に帰りましょう。」
サ「嫌よ。」
わがままキター!
主「え?でも…」
サ「もう、鈍いんだから!もう少しあなたと一緒に居たいの!」
だからあなたって誰の事やねん。4人いるんですけど。
サ「なに照れてるの!さあ、ウルに帰りましょう!!」
ウルまで一緒にくんのか。
ウルに着くと、育ての親のトパパやニーナ、その他の人達が迎えてくれる。
踊り子がお礼にキスしてあげる、チュッとすると、とたんに怒り出すサラ姫。
だから誰に(以下略
光のクリスタルには光が戻り、夜明けを向かえ、太陽が輝きだし明るくなってゆくウルの映像。
その後に全ジョブキャラクターが出てきながらスタッフロール。
終わった…。

さて、もう発売しているDS版のFF3はファミコン版と比べるとどの位内容が変わっているのか気になるところ。
ドーガとウネとザンデら辺のやり取りが増えてる事を希望。
ファミコンなんでボリュームも少なくサクッと終わったわけですが、それでも満足感はあります。
ストーリーはありきたりだと思うんですけど、世界観はけっこう好み。
ラストダンジョンが結構長いんで、途中で全滅すると再開するのがうんざりしてしまう人が出てくるんじゃないだろうか。
最終的に最強ジョブである忍者と賢者でパーティー編成されてしまいがちなんで、他のジョブでも最後まで耐えられるようなジョブバランスにならないと他のジョブ達がかわいそすぎる。

曲がいいもの揃いです。
この頃の植松伸夫さん、かなりGJ。
フィールド上で流れる「悠久の風」。
これはもうFF3のテーマ曲といえるんではないかという音楽で、なかなかいい曲です。
あとはボス戦の「バトル2」。
初ボス戦となるランドタートルと戦って初めて聞いた時にすぐ惚れ込みました。
「ハインの城」その名のとおりハインの城で流れてます。
ダンジョンで流れてる曲ってあんまり記憶に残らないけど、これは残りました。
まだ大陸が海に沈んでいる時のフィールド上で流れる「果てしなき大海原」。
そこで見つけた難破船の中で流れる曲の「水の巫女エリア」。
どちらも哀しげな曲ですけど、とても綺麗なメロディーラインです。
「クリスタルタワー」そのまんまクリスタルタワーで流れる曲。
壮大でクリスタルな感じ。
ファミコンしてて毎回思うけど、鳴らせる音数少ない中で(おそらく同時に鳴らせる数は3つ)よくこれだけいい曲が作れるなーと。
こんだけ使える数が少ないと、一つ一つの音をうまく作らないとアラが目立ってヘボい曲になるだろうから、この環境でいい曲が作れるって事は相当上手いって事なんだろうなーと勝手に思ったり。

ゲームプレイ日記 | 02:59 | comments(2) | trackbacks(2) | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その7
ファイナルファンタジー3(FC) その6の続き。

いよいよ最終局面。
例の古代像がある場所まで行き、徒歩で古代像の間を歩く。
この前は瞬殺されたけど、今回は逆に古代像を破壊。
全部破壊してインビンシブルに乗って山を越えて目的地に到着。
クリスタルタワーの周りを古代の民の迷宮が取り囲ってるんで、まずは古代の民の迷宮をぬける必要がある。
入るとすぐにクリスタルルーム発見。
土のクリスタルってまんまザンデの近くにあったんだ。
もちろん敵が待ち構えていて、ザンデ様の命によりお前らを葬り去る!と威勢良くティターンが襲ってきたけど、あっけなく成敗される。
最後のクリスタル、土のクリスタルから力を得て、魔界幻士・魔人・導師にジョブチェンジ可能に。
土のクリスタル曰く、「ザンデはわたしの力を悪用し、世界を暗闇に変えようとしている。わたしの中の力を使い、呼び出そうとしている暗闇の雲を振り払うのだ!」
早速、魔剣士・魔人・魔界幻士・導師にチェンジして態勢を整える。
魔界幻士が呼び出す召喚獣は、白黒に分かれていなく、合体状態で戦闘に参加します。
どの召喚獣も敵に攻撃する事しかしなくなってるんで、ちょっと芸が無いですが基本的に強いです。
そして、導師。
ネコ耳フードですよ奥さん。
FF3での最強の萌えキター!
それは置いといて、クリスタルルームを出て古代の民の迷宮を再度進み始める。
奥まで行き、抜けると一旦外に出られる。
セーブして、目の前にあるクリスタルタワーに突撃。

クリスタルタワーに入って目の前の部屋がエウレカに続く道になってる。
鍵を使って封印を解いていざエウレカへ。
しかし、ここまで来といて回復できる場所が一切無いんで、結構疲労が激しい。
そこでデジョンを使った裏技で、変な宿屋に泊まりにいって回復。
リフレッシュしたら改めてエウレカ攻略。
エクスカリバーとかラグナロクとか定番の最強武器をどんどこ手に入れる。
手に入れる度に固定モンスターと戦う必要があるわけですが。
中でも、くのいちがかわいくて(;´Д`)ハァハァ。
スキュラを倒し、長老の杖と、最強のジョブである忍者と賢者をゲッツ。
奥にはなぜか人がいて、クリスタルシリーズの装備品が買えたり、上位召喚魔法が買えたりと、いろいろ役立つものを手に入れることが出来ます。
どれも高いですが。
テレポがつかえないんで、また歩いて引き返さなきゃいけない。
おかげでレベルは上がったけど。

どんな武器でも使いこなせる忍者×2と、どんな魔法でも使いこなせる賢者×2にジョブチェンジして、装備や手持ちアイテムを整理するため一度インビンシブルまで戻る。
で、また戻ってきて、変な宿屋に泊まって一旦外に出てセーブしたら、今度はクリスタルタワーを攻略。
シルクスの鍵で扉を開けていざ。
とりあえず初回は宝箱回収を目的とし、この先まで行ったらもう戻れないだろうなってとこまで行ったらまた引き返す。
んで、変な宿屋、セーブ、再挑戦。
一往復したというのに各種ドラゴンに会えなかったと思っていたら一回だけ会えた。
レッドドラゴンだったんだけど、倒してもオニオンシリーズは落としてくれず、エリクサーゲッツ。
もしオニオンシリーズだったら一旦引き返してセーブしなきゃだったんで、よかったのかよくなかったのか。
とある部屋に入るといきなりBGMが消えます。
竜の像が5体あるし、中央には怪しげな鏡があるし。
あからさますぎて恥ずかしいです。
怪しくても調べなくてはストーリーが進みませんので鏡をチェック。
するとどこからともなく声が。
「ハハハッ、かかったな!その鏡に姿を映した者は5匹の魔竜の呪いにかかり動けなくなるのだ!魔竜の餌食になれ!」
って誰?ザンデ?
主人公達は動けないままピンチを迎えるわけですが、ドーガが現れ魔竜に対抗できる5つの光の心を探してくるからそれまで耐えろと言い残し、探しに出掛けます。
画面が切り替わり…。
最初に選ばれたのは、おきゃんサラ姫。
次に選ばれたのは、ばあさんラブのシド。
そして次は、ディッシュ。ちゃんと生きてたね。
さて次は、まだ10歳アルス王子。じゃなくて王。
最後はなんと、勘違いじいさんのリーダーじいさん。リーダーとかいたの!?
ドーガにより魔竜のいる場所まで連れてこられ、それぞれ魔竜に対抗し始めます。
あんたらでホントに対抗できるの!?
まあ、後はまかせてザンデの元へ。
ザンデと初対面です。
なぜか執拗にライブラを使って主人公達を覗き見してきます。
そんなに見たって何も変わらんちゅうに。
そしておもむろにメテオ。
これはキツイんで、早めに対処。
ぶっちゃけ気をつけるのはメテオだけ。
倒すと「私を倒しても無駄だ。既に暗闇の雲はやってきた」と言い残し成仏。
その言葉の通り、なにやら怪しげなものが出てきました。
「私は全てを無に帰すためにやってきた暗闇の雲」と自己紹介を終えると早速戦闘開始。
こちらの攻撃は一切当たりません。
とりあえず全滅すると、魔竜をどうにかしたらしい5人が主人公達に駆け寄ってきます。
あんたたち見かけによらずすごいんだね。
ドーガとウネが現れ2人の魂を主人公達に与えるといい、主人公達復活。
ザンデにより光が弱まり、闇が強まって暗闇の雲を作り出し、そいつにザンデが操られていたとか。
結局操られてたんですかい。
闇の世界に行って暗闇の雲をなんとかして世界のバランスを取り戻せと伝え、魂までもを無くした2人は、大きな魂と一つになる、もう助けてあげられないよと言い残し消え去る。
これでマジ死にです。
以外に強い5人と別れを惜しんで、目の前にちょうどよく闇の世界に行けそうな光があるんでそれに飛び込んでワープ。

闇の世界に到着。
光の世界は大きいのに闇の世界は小さすぎだろ。
ダンジョン1つ分だし。
こんな狭いとこで闇の4戦士が暮らしてると思うと泣けてきます。
正面の階段を進むと暗闇の雲と会えるけど、闇の4戦士の力を借りなければ倒せないんで、先に四方の道を進む。
各ルートには宝箱が一つづつあり、中身は全てリボンなんですけど、固定モンスターのザンデクローンと戦闘になります。
ザンデのクローンだけあって、メテオ使ってきます。
2ターン連続でメテオやられた時は死ぬかと思ったけど、なんとか切り抜けられた。
北西から先に向かい、奥まで行き風のダーククリスタルルームに到着。
待ち構えていたケルベロスと対決。
特にこれといって強いわけでもなくあっさり退治。
退治するとクリスタルの中から、大昔に光の氾濫を防いだ闇の4戦士のうちの一人が出現。
闇の氾濫を食い止めるため協力してくれるとの事。
「光の世界と闇の世界が一つに交じり合うとき、何も無い無の世界が生まれる。今、光の力が失われ、闇の氾濫が起き闇が押し寄せてきている。それを止められるのは光の4戦士、お前達しかいない」と言い残すと、一足先に暗闇の雲の元へ向かって行った。

次に南西のルートへ向かい、水のダーククリスタルルームへ。
待ち構えているのはエキドナ。
クエイクやメテオといった全体攻撃魔法を使ってくるんで気が抜けません。
倒すとクリスタルの中から別の闇の戦士が登場。
こちらも協力してくれるとの事。
「光か闇の力が大きくなった時、全てを無に帰すため暗闇の雲が生まれる。それを消す事が出来るのは光と闇の希望だ。」と言い残すと、一足先に向かって行く。

次は南東の土のダーククリスタルの元へ。
待ってるのはアーリマン。
とにかくクエイクやらメテオやら炎やらと、全体魔法ガンガンに使ってくるんで回復が追い付かない。
それでも攻撃の手を休めずにいればHPがすごく多いわけでもないんですぐ倒れてくれます。
やっぱりクリスタルから闇の4戦士の一人が出てくる。
「闇の氾濫はお前達の世界を闇に変えるだけではない。光と闇の2つの世界が消し去られるのだ。全ては無に帰ってしまう…。しかし、お前達と私達が力を合わせればまだ間に合うかもしれない!」
と言い残すと、いそいそと一足先に向う。

最後に北東の火のダーククリスタルへ。
ショートカット便利。
ここで待ち受けるのは2ヘッドドラゴン。
こいつが一番厄介なんじゃないだろうか。
他の3匹とは違ってパワータイプです。
ありえないくらい攻撃力が強い。
前列にいると7000とか食らっちゃう、後列にいても4000も食らっちゃう。
プロテスかけてがんばって叩くけど前列の人は大抵一撃死。
アレイズかけまくってなんとか成敗。
クリスタルから最後の闇の戦士が登場。
「世界は無から始まり無に帰す。だがそれを拒む希望という名のエネルギーがある。世界はあるところでまた無に帰るのかもしれない…。だが光の世界にも闇の世界にもそれを拒む希望や愛が残っている。それが残っている限り無に帰るのは早いのだ。」
と言い残すと、暗闇の雲の元へ向かう。
と、ここまで闇の4戦士の会話からFF3の世界の成り立ちがわかります。
さて、闇の4戦士の協力を得られる事になったんで、改めて暗闇の雲を退治しに。

ゲームプレイ日記 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その6
ファイナルファンタジー3(FC) その5の続き。

サロニアの西にある古代遺跡に到着。
アダマンタイトが邪魔して先に進めないけど、ウネが夢の世界の岩をぶつければいくらアダマンタイトでも異次元に吹っ飛ぶだろうと、よくわからない設定を説明し始め、華麗にアダマンタイトを吹っ飛ばして先に進めるようになる。
例の物理攻撃で分裂するモンスターが出てくるんで、魔法や地形を使ってなんとか対処。
っていうか、地形のかまいたち役にたたねー。
奥に進むとインビンシブル発見。
エンジンをかけると動き出し、海から地上に華麗に登場。
インビンシブル内をウネによって一通り解説してもらったら、ドーガが呼んでるらしくここで別れることに。
土のキバを手に入れたらドーガの館に行けと言い残し去っていく。

インビンシブルの中には自動販売機・ベッド・でぶチョコボがあるんでかなり快適。
これでちょっとした山なら越える事が出来るようになったんで、山探索開始。
今まで高速ノーチラスに乗ってたんで、インビンシブルののろさに愕然。
遅っ。

浮遊大陸に戻り、グルガン族の谷のすぐ南の湖に映る巨大な魚影にアタックしてみる。
山を越えてカヌーで湖に入り魚影に接触すると、引き込まれてドールの湖に入れる。
ここで出てくる雑魚敵が強い。
攻撃力が強いんで回復必須。
奥まで行くと魚影の主が待ってる。
この魚(違)、リバイアサンです。
例によって戦闘開始。
津波で全体攻撃をしてくるんで、回復をしっかりしながら撃破。
これでリバイアをゲッツ。
リバイアの白リバイアサンは、敵全体を石化。
黒リバイアサンは、竜巻攻撃。
両方ともそれなりにつかえます。

さて、お次はやっぱりバハムート。
浮遊大陸のトーザスの西にバハムートの洞窟があるんで、山を越えて潜入。
奥には出口があるんで出ようとすると、バハムートが我に挑んでみよ的な事を言ってくるんで、再戦開始。
あの時はなぜか超手加減をしてくれたけど、今回はガチです。
メガフレアってきます。
しかし、リフレクで防げちゃいます。
白オーディン呼び出して全員リフレクになったら、後はボコボコ叩くだけ。
メガフレアってきても反射してバハムートにダメージがいくんで楽チン。
勝つとバハムルをゲッツ。
最高レベルの召喚魔法という事で、呼べる回数もかなり少ないです。
バハムルの白バハムートは味方全員にヘイスト効果。
黒バハムートは敵一体を即死。
んー、微妙。
お子さんの世話が大変だというのに協力してもらっちゃってすみませんね。

暗黒の洞窟は分裂するモンスターだらけです。
しかし、暗黒剣で叩けば分裂しません。
ので、ウネの祠の北にある魔剣士の町ファルガバードに行き、装備を整える。
山を越えてファルガバードに到着。
魔剣士の人々は、どうやら修行好きらしいです。
暗黒剣は暗闇のもつ恐怖を克服した魔剣士だけが扱えるという事で、皆さん精神鍛錬のため日々訓練に励んでます。
修行のため暗闇の洞窟まで遠征に行くつわものもいるらしく、そいつらで帰ってきた者はいないとか。
インビンシブルも無いのにそこまで行けるとは、ファルガバードの魔剣士クオリティータカス。
インビンシブルがないと辿り着けない主人公達じゃなくて、もうそいつらに世界を救ってもらえばいいじゃん。
買い物を済まして、魔剣士・魔剣士・白魔導師・幻術師にジョブチェンジをして、いざ暗黒の洞窟へ。

アムルの北にある山々を越え、洞窟の入り口に到着。
この場所も空でエンカウントするんでうざいんですが、戦闘開始早々インビンシブルからの援護射撃で敵全体を攻撃してくれるんですよ。
一体誰が撃ってんの?
洞窟に入りうろうろしてると修行に来ていた瀕死の魔剣士発見。
わたしはまだまだ未熟だったようだ…と言い残し、アイテムを譲り受け死亡。
主人公達、死ぬ前にケアルガ位かけてやれよ。
見えない道を行ったり来たりなんで、宝箱を取り逃してないかヒヤヒヤ。
奥に到着し、土のキバ発見。
土のキバを守っているヘカトンケイルと戦闘。
これといって強くもない。
ゲットしたらノーチラスに乗り換えて、ドーガの館に直行。

ドーガの館に入るなり、ドーガの洞窟にテレポートさせられる。
ドーガとウネが主人公達に渡したい物があり、奥で待ってるからここまで来いとの事。
めんどくさいなーと、敵をけちらし奥へ進む。
お、いましたドーガとウネ。
エウレカの鍵をつくりだすには私達の戦いが生み出すエネルギーが必要だから、わしとウネと戦うのじゃ!とか言いだしちゃう。
えーー!無理。
とか言っても、わからずやめーー!わしを殺らんとお前らが殺られるぞ!と、無理やり戦闘開始。
ドーガだったら魔法を使ってくるだろうから、白オーディン召喚してリフレクしたらあっという間に殺ってしまった。
うわーん、ドーガーー!死なないでくれっ!と悲しんでるひまもなく、次はわたしだよっとウネと戦闘。
とりあえず白オーディン召喚以下略。
ドーガ「これでエウレカの鍵が完成した。もってけ。
    肉体は無くなっても心は無くならない。
    ザンデがいる古代像に守られたシルクスの塔へ行け。
    暗闇を呼び出そうとしているザンデを止めるのだ。」
ウネ「これを渡さなきゃね。シルクスの塔の鍵だ。
   いつでもあんた達を見守ってるよ。
   ザンデの事、頼んだよ…」
ドーガとウネ死亡。
ここが一番の濡場(違っ)
「ザンデの事、頼んだよ…」なんだかんだいってもノアの弟子として一緒に修行した仲間だったわけで、ザンデは悪い方向に向かったわけだけど、最後の最後まで仲間としてほっとけなかったんかな。
それにしても普段は人間の姿なのに、戦う時はモンスター化してて驚いたんだけど、ドーガとウネって人間じゃないのかな。
ザンデがノアから人間としての命を貰ったってことは、元は人間じゃなかったみたいだし。

ゲームプレイ日記 | 03:47 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その5
ファイナルファンタジー3(FC) その4の続き。

ノーチラスってば高速エンジン積んでるだけあって超速い。
笑いが出るほど速い。
ダルグ大陸に侵入すると、飛空挺で移動中でもモンスターに会うからめんどい。
ドーガの館に到着し入ると、いきなり怪しい侵入者扱いされます。
確かに怪しい侵入者なんですが。
「物どもかかれ!」とドーガが怒号すると、「ニャーー!」と叫びながら白い生き物が飛びかかってきます。
ネコたんカワイス(;´Д`)ハァハァと思ってよく見てみると、ネコじゃなくモーグリだよそれ!
驚愕の事実なわけですが、初登場時モーグリは「ニャー」と鳴く仕様。
「〜クポ」っていう語尾は微塵の欠片もありゃしません。
モーグリってネコなのか??
モーグリ達にボコボコにされる前に、ドーガは主人公達が光の戦士だという事に気付いてくれます。
いろいろと話を聞くと、ノアはドーガに魔力を、ウネに夢の世界を、ザンデに人間としての命を分け与えたそうで、ザンデは自分がもらったものが気にくわなかったらしく、憤慨して一人でどっかに去って行ったという、お前何歳だよと言いたくなるような振る舞いをした後、土のクリスタルと古代の機械を使って大地震を起こし、他のクリスタルを封印して闇の力を増大させて世界を闇一色にしようとしているらしい。
ドーガはザンデに対抗するために、強力過ぎて封印された武器が眠るエウレカへの鍵を手に入れようとしているが、ドーガは病気を患っているらしく一人では無理との事なんで、その鍵がある異次元へ通じる魔方陣まで連れて行ってくれと仲間になる。
ちなみにゴールドルにより壊されたクリスタルは、金を生み出すためにドーガが自作したクリスタルだから壊されても問題無しだと。
そんな火種になるようなものを作り出すなんて、あんたって人は!
お願いですから僕らのためにもう一個作ってくれませんか?
異次元への魔方陣がある魔方陣の洞窟へは小人にならないと行けないらしいから、黒魔導師・黒魔導師・黒魔導師・白魔導師にジョブチェンジ。

小人になって魔方陣の洞窟に入り、魔法でちまちま攻撃しつつ魔方陣がある場所へ進む。
無事魔方陣まで到着すると、ドーガは眠り続けているウネを起こせと言う。
ウネを起こすには、夢の世界まで響くノアのリュートを使えとの事。
ノアのリュートはウネの祠の南端の海底にある、時の神殿にあるらしい。
ドーガの魔力によりノーチラスを海底に行けるようにしてくれた。
ひとしきりやり終えると、エウレカの鍵を入手すべく魔方陣を使い異次元へと旅立って行った。

ドーガのおかげで海底にも行けるようになっちゃったんで、早速海底探検。
海底ではモンスターが襲ってくるんでいちいち戦うのがうざい。
小人になってる必要がないんで、風水士・竜騎士・吟遊詩人・幻術師にジョブチェンジ。
風水士は戦ってる地形によって地形攻撃内容が変わるんだけど、場所によっては使えたり使えなかったりするから不便。
しかも失敗するとダメージ食らうし。
幻術師が呼び出す召喚獣は白と黒があり、どちらが出るかはランダム。
幻術師の上位ジョブである魔界幻士は、幻術師が呼び出す召喚獣よりも強力な召喚獣を呼び出す事が出来るとの事ですが、個人的には幻術師は結構役立つです。
幻術師の呼ぶ召喚獣は、1体につき2種類の攻撃方法があるんで、ものによってはかなり使える。
よくお世話になるのは、アイスンの白シヴァ。
敵全体を眠らせてくれるから役立つ。
あとは、スパルクの白ラムウ。
敵全体をマヒらせてくれるから白シヴァより役立つ。
最後にツボったのは、エスケプの黒チョコボ。
チョコボキターーーー、チョコボキーーックっと思ってたら、逆に敵にボコボコにされてそのまま帰ってく。
ええーーっ!チョコボ弱っ!っていうかかわいそうだなおい。

サロニア城でうろついてた時、元は地下道で繋がっていたけど今は繋がってないからいけない場所にあきらかに怪しい人物がいるんで、そいつに会いに海底からサロニアの地下迷路へ。
適当に宝箱を回収して、怪しい人物に接触。
この方、オーディンでした。
自分の大きな力を他人に利用される事を恐れ、自らを封印したみたいです。
とにかく戦う。
オーディンといえば斬鉄剣。
といっても一撃必殺の効果は無く、全体攻撃だけなんでそんなに苦労は無いです。
倒すと力になってくれます。
これでカタストをゲット。
で、カタストの白オーディンがかなりつかえる。
味方全員にリフレクをかけてくれるんで、魔法を使ってくる敵に対してかなり有効。
しかもFF3のリフレクって、回復魔法は反射しないから超便利。

誰かから、三角の形をした島の海底にお宝がザックザクという情報をゲッツしたんで、ゴールドルの館の東にあるその島の海底にある海底洞窟へ。
確かにいろんな宝がありますわ。
宝を開けると出てくるモンスターのデスクローは、物理攻撃で攻撃する際に一撃死できないと分裂して増えるんで注意。

ゴールドルの館の西にある、ダルグ大陸内にある山に囲まれた村があるんで行ってみる。
山に囲まれて行けないんで、海底から進入する。
そこはドーガの村といい、ドーガが蘇らせた古代の魔法を販売している。
初級魔法から高度な魔法まで売ってるんで一通り買って揃えておく。
こんな不便すぎる場所にあったんじゃ誰も訪れないでしょうが。
それなのに商売とは、よくわからんです。

さてさて、他に何かないかなと海底をうろついてたらなんじゃこりゃきもっ。
これはあれですか、サンゴ礁ですか。
モコモコしてて個人的に非常に恐ろしい感情を惹き起こされます。
画面いっぱいに映し出されたモコモコ。
全身の毛が逆立ちました。
え、皆さんは別に何も感じない?
サロニアの北東あたりにあるんで見てみて下さいよ。

他に何もないんで、時の神殿に突撃。
鍵のかかった扉ばかりなんで、魔法の鍵かシーフが必要。
かなり前に浮遊大陸のギザールで魔法の鍵を大量購入してたんで手間取らずにすんだ。
サクサク進めてノアのリュートをゲッツ。
ボスとかいないんですぐ完了。

ウネの祠に行きウネを起こしに行く。
オウム曰く、そのリュートならウネも起きるかもと、ワクテカ。
というか、ウネってかなり長い時間眠ってるんだよね。
オウムは何歳なんだ?
リュートを奏でると早速起きるウネ。
起きて早々、オウムを従えて体操開始。
FF3に出てくる老人達はかなり元気が良いようで。
夢の中でドーガに会い、事情は知ってるらしい。
ザンデのいる場所へ行くには、アムルの北にあるあの古代像をなんとかしなきゃいけないんで、古代像を破壊できる水のキバ・風のキバ・炎のキバ・土のキバが必要との事。
ここで各種キバの存在理由が明らかに。
水のキバ・風のキバは既に持ってて、炎のキバを今ウネがくれて、残りの土のキバはアムルの北東にある山に囲まれた暗黒の洞窟にあるという。
山を越えるにはノーチラスでは無理だから、古代遺跡にあるという巨大戦艦インビンシブルを手に入れる必要があるらしい。
そこまでの案内をしてくれるようで、ウネが仲間になる。
インビンシブルを手に入れるため、古代遺跡へレッツらゴー。

ゲームプレイ日記 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その4
ファイナルファンタジー3(FC) その3の続き。

目を覚ますと、宿屋のベッドの上に寝かされてます。
水の神殿で倒れていたところを助けてもらったらしい。
三日間ぶっつづけで意識不明だったようで。
この町はアムルといい、浮上してきた大陸の町らしい。
話を聞いて歩いてると、どうやらみんな自分達が石にされ水の中に沈められていた事を知らないらしい。
さらに話を聞いて歩いてると、ゴールドルとかいう成金がエンタープライズに鎖を繋げて使えないようにしたとか。
外に出てみると、確かにエンタープライズは繋がれた犬みたいになってますわ。
どうやらゴールドルは主人公達が光の戦士だという事を知ると、自分の持ってるクリスタルが狙われるんじゃないかと心配になってこんな事をしでかしたらしい。
ゴールドルのいる館はアムルの南にあるけど、底なし沼を渡らないと辿り着けないんで、底なし沼を渡ることが出来る浮遊草の靴が必要らしい。
んでそれをアムルの下水道に住むばあさんが持ってるらしい。
下水道はモンスターが出るという理由で封鎖されてるんで、下水道を管理しているジルというじいさんに開放してもらうよう頼む。
そうすると、自分達を光の4戦士だと勘違いをしてる4人のじいさん達が聞き耳を立て、先回りして下水道に向かい始める。
もうめんどうだから、この勘違いじいさん達が光の戦士でいいんでないの。

下水道に行くとやっぱりじいさん達がモンスターに襲われてピンチ。
相手はゴブリンだし。
助けると、わしらは光の戦士じゃなかったみたいとかなんとか言って、ただのじいさんに戻る事を決意。
先に進みばあさんの元へ。
ステータス異常攻撃をしてくるストローパーには注意。
ばあさんに会い、浮遊草の靴をくれと頼むと靴を投げてよこしてくる。
すると先程の勘違いじいさん達が現れ、「危ない、下がるのじゃ」と叫び、下がってみると、靴が床に着地しおもむろに爆発。
このばあさん酷すぎ。
勘違いじいさん達が説得すると、本物の浮遊草の靴をゆずってくれました。
じいさん達GJ。

底なし沼を抜け、ゴールドルの館に到着。
ちなみに浮遊草の靴を履かないで底なし沼を渡ると、即ゲームオーバーなんで注意。
館も敵も宝も金ピカ。
どこ見てもピカピカ。
ゴールドルもピカピカ。
魔法が効かないんで物理攻撃でボコボコに。
成敗すると、「きさまらにこの金のクリスタルを奪われるくらいならこうしてくれるわ!」と、クリスタルをぶち壊し息絶えます。
あーあ、クリスタルあぼんだよー。どうしよー。と嘆いていると、エンタープライズの鎖の鍵が出てきて自動解除される。
とりあえず足が復活。

飛空挺で他の場所を探索。
アムルの北に行くと変な像発見。
近づいてみると、古代像の怒りを受けたとか出てゲームオーバー。
そういうことは、ドラクエみたいに立て札でも立てて注意書きしとけっ。

アムルから西へ行くと、強風に煽られて進めない場所がある。
しょうがないからスルー。

そこから北へ行くと、小島にある町を発見。
吟遊詩人と風水士がいるダスターという町で、それらのジョブの装備品が充実。

ダスターから西へ行くと、洞窟発見。
寝ている人とオウムがいて、オウムに話しかけると、寝ている人はウネといってずっと寝ているらしい。
どうやっても起こせないのでスルー。

そこから北へ向かうと洞窟発見。
古代遺跡のようで、調査のため学者がうろうろしてる。
話を聞くと、アダマンタイトが邪魔していて先に進めないと。
どうにもできないからスルー。

古代遺跡を北へ行くと、町を発見。
幻術師がいるレプリトという町。
召喚魔法を売ってる。
そういえばこのFF3で初めて召喚魔法とやらが登場したのだったか。

レプリトを東に向かうと、すんごく大きい街を発見。
飛空挺で進入するといきなり砲撃を食らいエンタープライズ大破。
乗り物大破し過ぎ。
そしてそれでも死なない主人公達頑丈過ぎ。
地上に落ちるとそこは戦場。
仲間同士で2軍に分かれ戦い合っているらしい。
負けた方は王様の命令により処刑されると。
なにやってんの。
先に進むとお城があるけど中に入らしてくれない。
エンタープライズ直せゴラッ。
しょうがないから街の方へ。
このサロニアには街が4つあって、図書館だったりお店だったりいろいろある。
話を聞いて歩いてると、王様の命令で戦争しまくってて逆らったら即処刑のどえらい状況。
どうやら伝説の怪鳥ガルーダが王様を操っているとかなんとか。
ガルーダを倒せるのは竜騎士だけだとか。
サロニアの王子が王様の命令で追放されたとか。
街にいたじいさんに話しかけると、王子らしき人が酒場に入って行ったと慌てていて、親切に酒場の場所まで教えてくれた。
酒場に入ると王子らしき人がごろつきに絡まれてるんで助け出す。
アルスという名で、サロニアの王子様。
王子といっても子供です。
王冠がずれてますよ、王子。
王子に話を聞くと、王様は急に人が変わったように戦争をおっぱじめたんで、止めにはいったら城を追い出されたと。
しょうかないから助けてあげる。
酒場を出てさっきのじいさんに話しかけてみると、じいさんは城の関係者だったらしく、アルスをしきりに心配している。
という事は、アルスが酒場で絡まれた事知ってたんじゃねーか。
それで主人公達をけしかけたという図ですかこれは。

サロニアの街には、竜騎士のアイテムが納められている塔があるんで、そこで竜騎士装備をゲットし、皆竜騎士にジョブチェンジをする。
アルスを連れてサロニアの城へ向かうと、王様から中に入れと兵士に通達が。
城に入り王様に会うのかと思いきや、この部屋で一晩泊まって明日王様に会ってくれとの事。
ベッドで眠ってると、アルスが親に愛されてないんじゃないかと苦悩し始める。
んなこたーないとなだめて寝に入ろうとすると、いきなりナイフを持った王様が現れてアルスを殺そうと襲ってくる。
その後ろには大臣ギガメスが「はよ殺れ」と急かすも、王様は我が子を殺す事はできんと自分自身を刺し、操られ状態を脱す。
はい待ってましたとばかりにギガメスに成りすましていたガルーダと戦闘開始。
全体攻撃のカミナリを使ってくるんで、全員「ジャンプ」コマンドでカミナリを回避。
タイミングが合わないと、ジャンプする前にカミナリを食らうんで注意。
無事倒すと、サロニアはアルスに任せたと言い残し王様死亡。
王様の意志を受け継ぎ、アルスは玉座に座る事に。
子供なのに大変ですね。
サロニア城にある物はもっていっていいとの事で一通り漁り、城にいた学者に話しかけると、高速移動が可能な古代飛空挺ノーチラスを譲ってくれる。
足が復活。
さらに城にいた魔法使いから、ノアと言う超魔導師の事について聞ける。
ノアにはドーガ・ウネ・ザンデという3人の弟子がいて、死ぬ時にそれぞれに力を分け与えたらしい。
ザンデってノアの弟子だったのね。
オウムの横で寝ていた人ってウネだったのね。
大地震を起こしたり一連の事件はこいつらが関わってるらしく、ノアの弟子の一人のドーガがダルグ大陸にいるから行ってみよとの事。
ダルグ大陸には強風が吹き荒れていて普通の飛空挺では進入できないけど、高速エンジンを積んでるノーチラスなら進入可能との事。
あの強風で追い返される場所がダルグ大陸なのかぁ。
早速ダルグ大陸へ出発。

ゲームプレイ日記 | 03:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その3
ファイナルファンタジー3(FC) その2の続き。

外海に出て東へ行くとギザールの村発見。
羊とチョコボに萌えながら買い物。
その後に外海の西へ行き、ドワーフの洞窟へ。
やっぱりここでも問題発生。
グツコーという盗賊がドワーフの宝である2本のドワーフの角の片方を盗んで、地底湖に潜って逃げたとか。
なんで奪い返さないのかと思ってたら、ドワーフは泳げないらしい。
ずんぐりしてるから?
トードを使って地底湖を泳ぎ、グツコーの元へ。
倒してドワーフの角を奪還。
なぜか自分達の後ろに白い棒の様な物がついてくる。
とりあえず戻ってドワーフの角を返すと、ついてきた白い棒がグツコーに変身。
お前らの影になって後をついてきたとか言ってるんですけど、白い影っておかしくね?
ドワーフの角を2本とも盗み、北にある炎のクリスタルの洞窟へ逃げてった。
ドワーフの角は氷の角で、炎のクリスタルへの道を進むのに必要だったらしい。
グツコーは炎のクリスタルの力を手に入れようとしているんで、それ俺らが手に入れるんですけどという事でしばきに行く事に。
クリスタルルームに到着すると、炎のクリスタルの力をゲットしたみたいでパワーアップ。
見た目も人間から竜(サラマンダー)に。
炎攻撃がきつい。
全体攻撃なんで炎対策してないと200前後のダメージを受けて全滅しかける。
なんとか倒し炎のクリスタルの力を得て、狩人・ナイト・盗賊・学者のジョブをゲッツ。
ドワーフの元へ戻ると、トックルの住人が救援を求めてここまでやってきた。
ハインがトックルの村にはもう奪う物が無くなったんで、村を焼き払おうといている事を伝えると息絶える。
こらいかんわという事で、ナイト・盗賊・学者・狩人にジョブチェンジして装備を整えたら早速トックルへ。

トックルへ入るなりアーガス兵の奇襲にあい、ボコボコにされてハイン城に連れてかれることに。
でもそのおかげで砂漠を浮遊してたモリゾーの中に潜入できたんで結果オーライ。
ぶち込まれた牢獄にはアーガス王や兵達も一緒に捕まっていた。
どうやら、ハインは闇の力に魅せられて世界征服を企んでいるそうな。
アーガスの兵も操られているそうな。
同じ牢獄にいた瀕死の兵士に抜け道を教えてもらい牢獄を脱出し、ハインのいる場所を目指す。
闇の力で調子に乗っちゃったハインを見つけ、戦闘開始。
って、ハインって骸骨やん。
俺は人間をやめるぞ!アーガス王ーー!
と言ったかどうかは不明。
普通に攻撃しても大してダメージを与えられないんで、学者の「みやぶる」コマンドで弱点を探りつついていく。
倒すと、長老の木とアーガス兵の呪いが解け、長老の木は生きてる森に帰ることに。
長老の木曰く、闇の力が増大しているとのこと。
風の牙を貰うと、ハインに傷つけられた傷を癒すために1000年の眠りにつくから、この森には誰も入れなくなると。
アーガス城に行くと皆さんいました。
アーガス王から時の歯車を貰い、これをシドに渡せとの事。
時の歯車は永久機関らしく、古代に作られたものらしい。

カナーンに戻りシドに時の歯車を渡すと、即効でエンタープライズを改造して飛空挺にもなるようにしてくれた。
どうやらシドは昔、アーガス王の元で永久機関を使い飛空挺を作る仕事をしていたらしい。
これで浮遊大陸以外の大陸に行くことが可能に。

浮遊大陸を出てみると画面が切り替わり、辺り一面海ばかりの中にポツリと浮いてる浮遊大陸。
浮遊大陸超小さっ。
ホントにどこを見ても海しかないんで、サイトロでマップを確認しながらでないと迷子になる。
何かを見つけたんで行ってみると水の神殿。
水のクリスタルの欠片があるけど、水の巫女じゃないと触れないらしい。
しょうがないから他をあたってみる。
海をさまよってると、水色の建物が。
これってクリスタルタワーの最上階?
さらにさまようと難破船発見。
入ると船の持ち主のおじいさんと、海を漂ってたところをおじいさんに助けられた女性がいた。
ベッドで気を失ってるんで、ポーションを使おうかと思ったけど無かったんで仕方なくハイポーションを使ってあげると気がつく。
どうやらこの人が水の巫女さんで、エリアというらしいです。
巫女さんなんでいろいろ事情を知ってるらしく、一目で主人公達がクリスタルに選ばれた光の戦士という事に気付いた。
さきの大地震は土のクリスタルのせいで起こったらしく、他のクリスタルを地中に沈めてしまったらしい。
さらに地上の人達を守ってた水のクリスタルも地中に埋まったから、水のクリスタルの恩恵を受けられなくなり、人々は石化し大陸は海に沈んだとか。
水の巫女である自分が水の神殿に残されてた水のクリスタルの欠片を使って、水のクリスタルをなんとかすればなんとかなるらしい。
という事で連れてく事に。
しかし、水のクリスタルの守る範囲が広すぎだよ。
他のクリスタルは何やってんの?
おじいさんには悪いと思いつつ、船の中にあったブラッドソードを拝借。
返さないけど。

水の神殿に行き、水のクリスタルの欠片を持って水のクリスタルがある水の洞窟へ。
封印されてて中に入れなかったけど、エリアのおかげで中に入れるようになる。
クリスタルルームに着きクリスタルに近づくと、横から怪しい人影が出てきて主人公達に矢を放ってきます。
矢に気付かない主人公達をエリアがかばい倒れる。
光の戦士達を葬れる呪いの矢だと敵が親切に教えてくれるんですけど、そんな矢じゃなくても普通に殺せば殺せるでしょうが。
ザンデの命によりこのクラーケンという敵が水のクリスタルを粉々にしたそうな。
ザンデはクリスタルを封じるのに必死ですな。
クラーケンはブリザラを使ってくるんですが、アイスシリーズの防具を装備していると大ダメージなんで注意。
クラーケンを倒すと瀕死のエリアが水のクリスタルの呪いを解き、主人公達は新しいジョブの風水士・竜騎士・バイキング・空手家・魔剣士・幻術師・吟遊詩人を手に入れ、エリアは息を引き取る。
水のクリスタルの呪いが解けると海に沈んでた大陸が浮上してきたため地震発生。
早く脱出しないと危ないんだけど、エリアをおいていけない!とかすったもんだしてたら結局まき込まれて意識を失う。

ゲームプレイ日記 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
ファイナルファンタジー3(FC) その2
ファイナルファンタジー3(FC) その1の続き。

竜の住む山に向かうと、竜がやってきて山頂辺りに向かっていく。
とりあえず山頂目指して歩き、到着するなり竜に捕まって連れ去られちゃった。
連れ去られた先は竜の巣。
ヒナがたくさんいますわ。
これは餌として連れて来られたというわけでつね。
そしてディッシュもいましたわ。
あんたも捕獲されたのね。
記憶喪失で名前しか思い出せんとか。
俺には使いこなせないからミニマムの魔法をあげるよって、使えないなら買うなよ。
そのかわり主人公達についてくと。
とかやってたら竜が巣に戻ってきちゃった。
「ぜったいかなわないから、逃げるんだ!逃げるんだ!逃げるんだ!」とわめくディッシュ。
そんな何回も言わなくっても伝わってるよ。
竜と一言でいってもですね、このおかたはバハムート様であられますのですんごく強いです。
しかし、なぜかこちらに与えてくるダメージはほとんど1ダメージ。
あきらかに逃げてくださいとでも言わんばかり。
バハムートならメガフレアでもすればいいのに。
あ、ヒナがいるからメガフレアったらヒナも焼いちゃうね。
素直に「逃げる」コマンドで戦闘回避。
「よし、今のうちに逃げよう」
ヒューーーー。
って、そこってけっこうな高さなんじゃないの?

落っこちた先に怪しい森があったんで入ってみると、小人発見。
南に小人の村(トーザス)があるとのことで、ミニマムを使ってみんな小人になってレッツゴー。
ディッシュに話しかけると、小人状態だと攻撃力も防御力も著しく弱くなるから、みんな後列から魔法で戦えということなんで、黒魔導師・黒魔導師・赤魔導師・白魔導師にジョブチェンジ。
トーザスにいる唯一の医者のシェリコ先生が病気で、他に医者がいないから治せなくて皆困っているらしい。
シェリコ先生の家に言ってみると、「う〜ん、ど、どくけし」と悶えてるんで、どくけしあげたら復活。
ただの食あたりらしい。
誰かどくけしくらい持って行ってあげようよ。
お礼にプレゼントと、ミラルカ谷への抜け道を教えてくれた。
とにかくこれで前進できる。

抜け道を抜けると、バイキングのいるアジトを発見。
ここでも困った事がおきてるらしい。
大地震の後、なんらかの理由で北にあるネプト神殿に封印されてたネプト竜が暴れ始めて、バイキングの船を壊しまくってるらしい。
それ以来怖くて海に出て行けないと。
バイキングのボスに話しかけると、ネプト竜をなんとかすれば、唯一残ったエンタープライズという船を譲ってくれるとのこと。
外に出てるエンタープライズで海を渡ろうとするとネプト竜が襲ってくるので懲らしめてみる。
こっちが懲らしめられました。
仕方ないからおとなしくネプト神殿に行って調査開始。
神殿内にはネプト竜の像があり、よく見ると片方の目が欠けて穴が開いてる。
ミニマムで全員小人になって目の奥に入ってみる。
奥まで行くと大ネズミ発見。
「この宝石は渡さないちゅー。お前なんかこうしてやるちゅー。」
光物に惹かれるのはしょうがないし、語尾を「ちゅー」とかいっちゃうおちゃめさんだけど、お痛が過ぎるようなので魔法でボコボコにしてネプト竜の目を奪還。
ネプト竜の像にはめ込むと話しかけてきた。
「目がないと暴走しちゃうの。水の牙あげるからがんばって」
そんな仕様やめて下さい。

小人になる必要がなくなったので、戦士・モンク・赤魔導師・白魔導師にジョブチェンジ。
約束どおりエンタープライズを貰い、大海原へ。
といっても内海にしか出れません。
外海への唯一の道はオーエンの塔の東にあるんだけど、渦潮が発生していて通れない。
しょうがないから内海探索開始。
バイキングのアジトから少し西へ行くと村が見えたんで入ってみる。
トックルというボロボロの村で、ここでも困り事が。
アーガスから兵士がやって来て、食料と若者を連れ去ってくらしい。
どうにかしてくれとの事。
西に見える砂漠を歩いてると、なんだかよくわからないものが浮遊している。
浮遊してて調べようがないんで無視してそのまま西へ。

古代人の村を発見。
古代人が住んでるんで、いろんな話が聞ける。
この大陸は浮遊大陸で浮遊している。
オーエンの塔という動力源で浮遊している。
昔、古代人は光の力を増大して高度な文明を築いたけど、増大し過ぎて世界を滅ぼした。
その際に闇の4戦士現れ、なんとか食い止めた。
光と闇のどちらかのバランスが崩れると、崩れた方とは逆の方の戦士が選ばれてなんとかするようになってるらしい。
村の子供にチョコボで大陸一周したらいいものあげると言われたので、村の東にあるチョコボの森に行ってチョコボとっつかまえて大陸一周してみた。
こびとのパンを貰った。
うん、まあ、美味しくいただきました。

トックルから北西に行くと、生きてる森を発見。
妖精さんがたくさん。
しかし、やっぱりここでも困り事。
ここにいた一万歳にもなる長老の木が、アーガスの神官ハインによって城の形にされてつれてかれたとか。
砂漠で浮いてたアレが長老の木だったのか。
どう見ても城というよりも、茶色くなったモリゾーだと思うんだけど。
ハインは自分の弱点を変える事が出来るから、それを見破る方法を探さないといけないらしい。

北の方にあるアーガス城に行くと誰もいない。
もぬけの殻なんで、おそらくモリゾーに住居を移したんだろう。

西に行くとグルガン族の谷を発見。
谷の南に見える巨大な湖に大きくて怪しげな魚影が。
グルガン族は生まれつき目が見えない代わりに第六感が発達していて、未来を見たりする事が出来たり出来なかったり。
北にあるオーエンの塔でディッシュの運命が待ってるということで、親切にもトードの魔法を貰う。
ワクテカなディッシュ。
外海に炎のクリスタルがあるドワーフ族の洞窟があるらしい。

オーエンの塔に潜入。
カエルがたくさんいます。
トードを使ってカエルになれと言わんばかり。
カエルになって水の中を泳いで進まないと進めないんでトードを唱えてカエルに。
その先ではカエルになる必要が無いので元に戻る。
進んで行くとどこからともなく怪しげな声が。
さらにディッシュの記憶が戻ってきます。
この男、どうやら古代人のようです。
最上階には先程の声の主、メデューサが登場。
ザンデの命令により、オーエンの塔をぶっ壊して動力源を絶ち、浮遊大陸を落っことそうとしてたらしい。
ここで初めてボスの名前登場。
メデューサを倒すと早速動力源を調査するディッシュ。
完全に記憶が戻ったらしい。
オーエンの塔の管理者の息子らしく、今まで冷凍冬眠していたせいで記憶が飛んでたらしい。
オーエンの塔がやばくなったら自動的に目覚める仕組みになっており、この度めでたく目覚めたらしいんだけど、どこで寝かされてたんだ?
とにかく動力源がやばい状態らしいんで早速直すとの事。
オーエンの塔の東に出来た渦潮も何とかするから、外海に行ってがんばってこいと言葉を残し、燃えさかる動力炉に飛び込んでいった。
がんばれディッシュ。

外に出ると、確かに渦潮が無くなってる。
ディッシュはどうやら上手くやってるらしい。
外海へ行って炎のクリスタルの恩恵を受けに行こう。
Check

ゲームプレイ日記 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP | BlogRanking
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
最近の記事
カテゴリ
月別
リンク
gumonji ブログランキング このブログを評価する
プロフィール
カウンター
このブログ内を検索